とてもありがたい「完全に逆の立場」からの意見

名称未設定 1

こんにちは、二人三脚のホームページ制作会社、ニゴロデザインの高橋です。

先日、J2リーグの試合「モンテディオ山形 VS カターレ富山」の試合をスカパーオンデマンドで観戦しました。

山形が圧倒的におしていたのですが、なかなか点が奪えず、このまま0-0の引き分けかな?と思っていたところ、後半ロスタイムに1点取り、富山を下しました。

ゴールを決めたのは萬代選手です。相手のゴールキーパーが好セーブを連発していた試合でしが、このシュートはあっさりと決まったように見えました。

 

Jリーグ情報サイト J’s GOALの公式 のモンテディオ山形・萬代選手のコメントに、居残り練習時のエピソードが書いてあり、とても良い話だと思ったので紹介します。

萬代選手のコメント

シュート練習をやってて、シミケンさん(清水)とかが、『ゴールを見て狙って打つほうが、キーパーから見ればタイミングが取りやすい』ということを言ってくれて、『見て狙って蹴るよりは、タイミングをズラして、見てないぐらいから打ったほうがキーパーとしてはタイミングが取りづらいから、ちょっとコースが甘くても入るよ』ということを言われて、それをちょっと前に意識して練習したりして。

シミケンさん(清水選手)=ゴールキーパー(シュートを防ぐ側)
萬代選手=フォワード(シュートを決める側)

清水選手は、自分の立場のされたらイヤなことを、そのままアドバイスとしてチームメイトに言っていたんですね。

それを聞いた萬代選手は、アドバイスを練習に取り入れ、試合に生かした…ということなんだと思います。

 

この、完全に逆の立場からの意見って、とても有益ですよね。

「相手の立場になって考える」ということは、頭では理解していても実際には難しいものですから。

 

仕事や人付き合いでも、逆の立場で思った意見を言い合える仲というのは、とても大切なんだとあらためて思った萬代選手のコメントでした。

売ったら終わり・買ったら終わり…ではなく、そこからの関係を継続していくことで、もっとプラスになっていけるんだと思います。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報