オリジナルの創作肩書きについて

20140617

こんにちは、二人三脚のホームページ制作会社、ニゴロデザインの高橋です。

よくブログを見ていると、「こんにちは、○○アドバイザー&○○クリエイターの○○です!」のような挨拶文で書き出している人がいます。

ブログ・ホームページ・メルマガなどで自己紹介を演出するときに使う手法ですが、一文で、自分のことを伝えられる優れた手法です。

この肩書きにはいくつかのパターンがありますので、紹介します。

普通系

仕事をそのまま肩書きにしたもので、やっていることがすぐにわかります。無難ですが、インパクトはありません。

  • 集客アドバイザー
  • 年金アドバイザー
  • 食品加工アドバイザー
  • 起業再生コンサルタント
  • 人材育成コンサルタント

他の同業者との違いは分かりませんが、何の人なのかがまっすぐ伝わります。

組み合わせ系1

上記の普通系に似ています。アドバイザーやコンサルタントなど誰でも分かる肩書きに、短縮した言葉や新語・造語を組み合わせたものです。遊び心が加わります。一歩間違うと、何の人か分からなくなります。

  • 人生仕分けアドバイザー
  • 終活アドバイザー
  • 無保険ライフプランナー
  • 週末起業エンジニア
  • 未来改善コンサルタント
  • イクメンデザイナー

頭の中で想像がふくらみ、やっていることが何となく分かる肩書きです。懐が深そうな感じになります。

組み合わせ系2

ソムリエや伝道師など、「極めた者」というイメージを利用して、遊び心をいれつつ専門家風に仕上げた肩書きです。怪しくなるリスクもありますが、本当に極めている場合は突き抜ける可能性を持っています。

  • 紳士服のソムリエ
  • 七輪の伝道師
  • ハッピーライフコーディネーター
  • ブログのサムライ
  • アジアン楽器マイスター

のような感じです。創作肩書きでは一番多いパターンかもしれません。それ一本でやっている感が出ますね。

ダジャレ系

ソムリエ、エバンジェリスト、コーディネーターなどの言葉の読み方を混ぜた造語のパターンです。言葉遊びのような肩書きです。実力が伴っていないと、高い確率で浮きます。

  • 無農家 → 無農薬での農業にこだわる人
  • アロマスター → アロマ+マスター
  • そばんじぇりすと → 蕎麦+エバンジェリスト(蕎麦の伝道師)
  • 風呂フェッショナル → 風呂+プロフェッショナル

「すごそうだ!」「それって趣味?」と、相手に2択の印象を持たれる可能性の高い系列です。全国を講演会で回るような人であれば、こういうタイプの肩書きを名乗っても浮かないと思います。

 

自分のオリジナル創作肩書きを作ってみると、自分の仕事を簡単に見直せます。

そして、今の仕事で「モノ」を売っているのではなく、その先の「何」を売っているのか、手軽にあぶり出すことができます。

オリジナル創作肩書き、お試しください。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報