得するよりも損したくない

20141104_0

こんにちは、二人三脚のホームページ制作会社、ニゴロデザインの高橋です。

今日は鶴岡市で開催された勉強会に行ってきました。『ワンコイン 田舎ビジネススクール 〜初級会計編 その②〜』という、2時間程度でビジネスに役立つ考え方が学べる、なんとも自分にとってはありがたい内容でした。

損と得

勉強会の中で次のような質問がされました。「10万円入った財布を落とした」ことと「10万円の臨時収入があった」こと、どちらが印象に残りますか?というもの。

参加していた人ほぼ全員が10万円落としたことのほうが印象に残ると手をあげていました。

これはプロスペクト理論というものだそうです。人は利益を得られそうなときはリスクを負わないほうを選択し、逆に損をしそうなときや損をしているときは、リスクを負っても損を無くすような選択をする、という心理学の理論です。なので、人は損したことのほうが得したことよりも強く印象に残るというものでした。

プロスペクト理論で検索すると、いろんなブログで紹介されているので参考にどうぞ。

 

以前に、「不安の解消」vs「今より向上」というブログを書きました。商品やサービスをすすめる場合、「これを使えば、この先良くなりますよ!」というよりも、「これを使わないと、後で困りますよ!」と言うほうが強く伝わる…という内容です。

どっちの言い方が好感が持てるかは置いといて、「将来困る=損」のほうが強く伝わるきがする、その理由がわかりました。

なんとなく感じているものにも、ちゃんと理由があるんだなあ…勉強って面白いなあと思った日でした。

主催の角田さん、ありがとうございました。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報