困ったときは何をして欲しいかを伝えましょう

20151106_1

二人三脚のホームページ制作会社、
ニゴロデザインの高橋です。

つい最近、コンビニで買い物をしたときのこと。

レジをしてくれた店員さんは、
動作がキビキビとした女の子でした。

 

支払いを済ませて出口に歩いていると、
別の店員の女の子が、レジをした女の子に、

「○○ちゃん、これおかしいんだけど」

と呼びかけていました。

機械の操作がわからないようでした。

 

呼ばれた○○ちゃんは、一瞬、

「んん?」

という表情をしてから、
困っている店員さんを手伝っていました。

 

○○ちゃんは、心の中では、

「えっ?だから何?」

って思ったのかもしれません。

 

こういうときは、

「~がおかしい」

という事実を言うだけじゃなくて、

「~がおかしい、なので操作を教えてほしい」

といった感じで、してほしいことを、
言葉で伝えなくてはなりません。

 

してほしいことを明確に言う。

相手に余計な負担をかけないで、
仕事がスムーズにさせるコツですよね。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報