丁寧に仕事を振るとお金が安く済むかも…という話

20151110_2

こんにちは、山形県酒田市のニゴロデザインの高橋です。

だいぶ前の話です。

二人の方に同じような仕事を依頼されました。

こちらが示した金額は、一方は5万円、もう一方は10万円。

風のうわさ?で、その金額を知った10万円の方から、「なんで、うちばっかり高いんだ!」と言われました。

同じような仕事を頼んだのだから、その金額の違いには納得いかない・・・ということのようでした。

 

その根拠ですが、5万円の方は、仕事の振り方が丁寧だったんです。やることがハッキリしていて、トータルの作業量も明確にできました。あまり、やりとりしなくても、仕事が進められそう・・・

なので、このぐらいの金額だろう・・・と、5万円の金額になりました。

 

一方、10万円の方のほうは、一言で言うと、仕事の振り方があいまいでした。なので、「想定外の事もありそう」「電話やメールでの確認が何度も必要そう」と思ったんです。

そうすると、追加作業があっても大丈夫なように、お金が上乗せされます。

 

さらに、やりとりの手間が人件費となるので、その分も上乗せされます。結果的に、5万と10万というぐらいに、値段が変わってしまったんです。

 

ただ、それを説明してもなかなか分ってもらえず、結局仕事はまとまらなかったんですけども。

残念でもあり、ほっとしたことでもあり・・・

 

仕事内容は明確になればなるほど金額は安くなる。

自分も外注さんに出すときは、気をつけているポイントです。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報