現場の時間がないのに頼まれると嬉しくなってしまう人

こんにちは、山形県酒田市のホームページ制作会社
ニゴロデザインの高橋です。

人から何かを頼まれると嬉しくなっちゃって、
気軽に引き受けてしまう人っていませんか?

ぼくです。

 

ゲームプログラミングやホームページ制作を始めて、
それなりに長い月日が経ちます。

出会った人や仲良くなった人から、
仕事の相談をされることもよくあります。

フリーの頃は、気軽に相談をされれば、
無償でそれを実現する方法を調べてあげたり、
試作を作ってあげたりしていました。

そこから仕事に発展することもありますから、
営業活動の一環だったともいえます。

 

でも、零細ではありますが、会社をするようになって、
仕事をまわしながら、スタッフに給料を払うようになると、
気軽にそういったことができなくなっていました。

にもかかわらず、高橋個人を窓口に相談してくる人に対して、

「声をかけてもらえるなんて、ありがたい、ありがたい」

という気持ちで、気軽に引き受けてしまって、
それが実現できないまま時間が過ぎることが増えました。

結果的に相談してくれた人に迷惑をかけることになります。

「最初から断っておいたほうがよかったな・・・」

なんて後悔することもあります。

「ぼくは現場の人間ではなくなっている・・・」

そこを認めなければならないのかもしれません。

昨年から新しいスタッフが何名か加わっているので、
仕事を振り分けることにもっと注力しないといけませんね。

みんなの良いところを生かすように。

ただ、スタッフに頼むということはお金もかかることですから、
引き受けるからには、採算が合うように考えないといけません。

採算をとるように考えて制作するって、
ぼくの良さが消えてしまうので、実は残念なことだったりします。

 

頼まれるとうれしくて仕事に追われてしまっている・・・

でも、仕事がぐいぐい進まない・・・

似たような状態の人はいませんか?

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報