宣伝ばっかりではいやがられる

こんにちは、山形県酒田市のホームページ制作会社、ニゴロデザインの高橋です。

久しぶりに、道ばたでばったり会った知り合いに、「おー、久しぶり、ところでこれ買わない?」って、何か売り込まれたらイヤですよね。

「お~、ちょうどそれ欲しかったんだよ~」なんてことになればいいですけど、普通は、「おいおい久しぶりに会って、それかよ!」って嫌がられます。

でも、インターネットの世界では、気づかずにそれをやってしまいがちです。

イベントを開催するときだけ告知をする、セールのときだけお得な情報を流す、キャンペーンが始まった時だけ情報を出す・・・こんなようなことです。

それをやってしまうと、情報を見ている側に、「この人、宣伝ばっかりだなあ・・・」なんて思われることに。

20160802_1

そうならないようにするには、日頃から仕事の風景や商売についての姿勢なんかを発信する必要があります。

イベントをやるなら、その準備をしている様子を見せたり、新商品を発表するなら、開発で試行錯誤している様子を見せたりするんです。

そうすると、宣伝ばっかりの情報発信にならずに、情報発信そのものに流れが生まれます

「自分は宣伝ばっかりしてないだろうか?」

ツイッターやフェイスブックのタイムラインを、ときどき振り返ってみるのをおすすめします。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報