同じお金を払ってくれるお客さんだけど

20160804_3

こんにちは、山形県酒田市のホームページ制作会社、ニゴロデザインの高橋です。

たとえば、10,000円の商品を買ってくれるお客さんが3人いるとします。

一人のお客さんは、「この商品買って良かったよ!」と喜んでくれて、もう一人のお客さんは「この商品の使い方がわからないから教えてほしい!」と質問してきて、もう一人のお客さんは、特に何も感想がないお客さんです。

売った側からすると、質問をしてくるお客さんには、その対応に人件費がかかってしまうことになります。

だったら、そういうお客さんが増えないよう、何も言わないお客さんを増やしたり、喜んでくれるお客さんを増やしたほうが、利益は残るんですよね。

でも、商売をしていると、「わからないから教えてほしい」と言ってくれるお客さんとのやりとりって、それがうまく解決すると楽しいんですよね。

人件費はちょっと増えてしまいますが、お客さんは満足度が高まりますし、売り手も充実感が得られます

もちろん、その対応を推奨する、ゆとりのある雰囲気の会社にすることが先決です。スタッフが追われていては、スタッフばかり負担がかかってしまいますから。

皆さんの仕事場はどうでしょうか。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報