売ること前提の買い物

20161125_0

こんにちは、山形県酒田市のニゴロデザインの高橋です。

ものを買うときに、売ることを前提に買うことってありますか?

ぼくはそうでもないんですが、手元にある不要なパソコンの部品なんかを眺めてみると、売れば数千円になりそうなものがチョコチョコあります。

ヤフオクでまとめて出してスッキリするのもいいかもしれません。

 

今の時代はネットで売るのが簡単なので、ある程度の品質のものを買って大事に使えば、不要になったときには、それなりの金額で売ることができます。

十年ぐらい前の話ですが、21万円で買った一眼レフ用の望遠レンズが、4年ぐらい使った後でも、19万で売れたことがあって、びっくりしたんですよね。

冷静に言えば、2万円で4年間だけ、一時的に所有したということになります。

この一時的に所有することにはメリットがけっこうあります。

借りるのとは違って返却する必要がないので、気に入ったら一時的な所有を継続することができます。つまりずっと持っていてもいいわけです。

あとは「いつか売るかも」って考えるので、大事に使おうっていう意識にもなるんですよね。結果的に壊す確率も減りますよ。

 

安いものを使い捨てにするか、ちょっといいものを買って大事に使うか、それぞれの価値観やライフスタイルだと思いますけど、売ることを考えて買うっていうのも頭に入れておくと良いと思います。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報